引っ越し 単身パック

激安プランを探すのは面倒な作業…。でも、こうすれば一発!

ヤマトホームコンビニエンスでの引越し

一人暮らしの引越しは、引っ越し単身パックを使うと、料金が大幅に安くなることがあります。ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマトの引越しサービス)をはじめ、アリさんやアート引越センターなど、大手各社なら、だいたいこのサービスがありますが、申し込む前にひとつ注意が必要です。

 

それは、様々な条件や制限があるということ。例えばヤマトホームコンビニエンス。こちらではワンボックスあたりの容量が決まっていて、家電・家具が最小限の量でないと確実に1ボックスでは収まりません。また、普通の引越しのようにトラックを1台チャーターするわけではないので、荷物がその日に届くのではありません。時間指定はできますが、翌日か、翌々日の到着になってしまいます。それから、通常は無料でもらえるダンボールもなし(有料で別途3,300円で購入も可)。引越しシーズンになると、追加料金があるなど、他にも結構細かい条件があるのです。

 

このように、引っ越し単身パックにはいろいろ制約があり、業者によっては同一市内の引越しのみ対応なんてことも。これだと、自分の転居先に対応しているかわからない、荷物がボックスにおさまるかわからない、と困ってしまいます。しかも一番安い業者を探そうとすると、それだけでとてつもなく面倒です。そこで、おすすめなのが引越しの一括見積もり。これなら今すぐ一発で最安値がわかります。

 

このサービスは、自分の転居先などの情報をスマホやパソコンから1度入力するだけで、ヤマトホームコンビニエンスや、アリさんやアート引越センターなど複数の業者の料金がわかるというもの。各社から見積もりがでてきたら、料金やサービスを比較して、最も安い業者を選べば、誰でもカンタン確実に最安値の業者にお願いできちゃいます。

 

業者によっては引っ越し単身パックではなく、通常のチャーター便しかないところもありますが、それも含めてどこを選ぶか検討してみてください。料金は多少高くなると思いますが、自分の都合に合わせて引越し日を選べるなどメリットはあります。また、大手だけでなく、引越し先の地域に密着した激安中小業者も参加しているので、単身の荷物程度なら、驚きの安値で引っ越しできてしまう可能性もあります。とにかく、各社の料金をじっくり比較して、総合的に良い業者を選ぶのがポイントです。

 

 

引越しの一括見積もりはこちら。95%がまた利用したいサービス!

 

 

このサービスは、一切お金はかかりません。もし、どこかと契約しても、どことも契約しなくても、全く料金はかからないので、とにかく一度見積もりしてみてください!
なお、自宅からすぐ近くの場所へ転居、同じマンションの別の部屋へ転居。こんなすぐ近所への引越しの場合は、こちらのサイトをチェックしてみてください。
近距離 引越し

 

 

単身の引越しで、荷物の少ない人、到着日時にもこだわらない人におすすめなのが、混載便。これは、他の人の荷物と一緒に運ぶものです。上記に示したヤマトホームコンビニエンスもこれの一種と言えます。また、東京から北海道。九州から仙台のように、長距離の場合には、プロロという業者が最安値になることもあります。こちらでは、荷物の搬出日は指定でき、搬入日(新居に届く日)は2週間以内というプラン。社会人の単身赴任には向かないかもしれませんが、大学の進学などのタイミングでは十分に利用価値がありますね。期間が長い分、安くなる可能性が高いですね。ただし、地域やタイミングにもよるので、一括見積もりを利用するのはやっぱり必須です。こちらのプロロという会社も参加していますので、ご安心を!

 

サカイのトラック

業者の数はたくさんあるので、必ずではありませんが、引っ越し単身パックは、荷物の少ない人のためのプランです。一人暮らしでも荷物が多くなると、必要な作業スタッフが増え、トラックも2t車をまるまる1台チャーターしなければならなくなるなどの理由からです。

 

こうした場合にも、一括見積もりなら、お得な単身パックや単身プランだけでなく、通常のチャーター便も含めて探せるので、ホントに手っ取り早いです。ただ、気をつけなければいけないのは、最初に見積もりを出してくれた業者で決めてしまわいこと。引っ越しは、比較すればするほど安くなる傾向にあります。目安としてはどんなに最低でも3社。できれば5〜8社くらい較べたいところ。ここまでやれば、相場の半額以下も決して夢ではありません!